コーディネートのアイデア

ハーマンミラーをプロデュースした男

  • LINEで送る

こんにちは。今日はデザイナーシリーズとして、ジョージ・ネルソンさんについてまとめます。彼はハーマンミラー社を今のような有名メーカーに育てたプロデューサー兼デザイナーであり、ジャーナリストでもある多彩な人物です。彼のデザインしたバブルランプは、今トレンドのモダンで木質感豊かなインテリアにぴったり!多様なインテリアイメージにマッチするロングライフデザインの照明だと言えます。

ネルソンさん http://pin.it/8V0zR5R

ジャーナリストからプロデューサーへ

ジョージ・ネルソン氏は1908年、アメリカの裕福な家の生まれです。イェール大学卒業後、ローマに渡ってジャーナリストをしていました。無名にも関わらず、すでに有名人だったコルビュジエ、ミース、フランク・ロイド・ライトなどをインタビューしたり、当時まだ若手だったジオ・ポンティの才能を発見したりと押しの強さが売りだったようです。

ジオ・ポンティといえばスーパーレジェーラ http://pin.it/htIRVhA

アメリカに戻って雑誌編集の仕事をしていたネルソンを、当時小さな家具メーカーだったハーマンミラー社の社長が口説き落として、デザインディレクターとして迎えます。その後ネルソンは、業界で初めて美しいイメージ写真とサイズが明記された有料のカタログを作ったり、ロゴを変えたりとブランドディレクションを行い、あっと言う間にハーマンミラー社を時代の最先端の家具メーカーへと変身させました。

ネルソンが雑誌上で発表したストレージウォールがデザイナーになるきっかけに http://bit.ly/xUkfAx

独自の哲学と審美眼を持つ男

ネルソン自身がデザインした家具はそれほど多くありません。しかし彼は、世の中の一歩先が見えるディレクターでした。高級オフィスチェアの開発時には、シートは通常革張りだと主張したデザイナーに対し『マーケティングにだまされるな』と言ってメッシュ素材を採用し、長時間座っていても蒸れずに快適なハーマンミラー社の大ヒット商品であるアーロンチェアが誕生しました。

リマスタードが発表されて話題のアーロンチェア http://nonversus.jp/

ネルソンは『デザイナーの仕事は、世界を変えることだ』とも言っています。常識にとらわれず、自らの審美眼を頼りに仕事をしているネルソンは、友人であるチャールズ夫妻や、イサム・ノグチ、エーロ・サーリネン、テキスタイルデザイナーのアレキサンダー・ジラードなどを外部デザイナーに迎え、世の中にない家具をたくさんプロディースし、ハーマンミラー社を世界的なメーカーへと成長させました。

左:イームズ 右:ネルソン http://www.hermanmiller.com/

バブルランプ開発秘話

冒頭で紹介したバブルランプは和紙のような柔らかな質感のシェードが特徴です。実はこのシェード、特殊なプラスチックで出来ていて、弾力があるので破けにくく耐久性も高いうえに、シンプルな構造で手作りながらコストが抑えられているんです。

このバブルランプには、有名な開発秘話があります。ある日ネルソンは、自分の事務所用の照明を買いに行きますが、シルク製で輸入品のそのランプが125ドル(今の価値で約25万円)もすることに腹を立てます。怒って帰っている時、少し前にNYタイムズの記事で見た船の修理の写真を思い出し、そこからヒントを得て、『フレームに半透明の樹脂を吹き付けて成型する照明』というアイデアを思いついたそうです。ネルソンらしさの詰まった話ですね。

バブルランプコーディネート

No.1 鉄板のミッドセンチュリー

イームズチェアとの組み合わせは鉄板 https://www.houzz.jp/photos/18576015

個性の強い家具にはシンプルな照明が正解 https://www.houzz.jp/photos/33777865

No.2 北欧モダンの木質感とも相性○

このコーディネート好き!アートが効いてます。 https://www.houzz.jp/photos/36526225

シンプルなデザインながら存在感抜群 https://www.houzz.jp/photos/2798158

No.3 エレガントに合わせてもOK

エレガントな空間に個性を出すなら、シャンデリアよりもバブルランプ https://www.houzz.jp/photos/1294017

こてこてモールディングでも大丈夫 https://www.houzz.jp/photos/37831448

No.4 エクレクティックならシンメトリーで使う

スタンドの代わりにちょうど良いサイズを使って https://www.houzz.jp/photos/1214502

こちらはスタンド。高度なコーディネーションです! https://www.houzz.jp/photos/36966195

No.5 最旬スタイルは多灯吊りで叶える

ダイニングにボリュームのあるペンダントはもはや当たり前 https://www.houzz.jp/photos/20646991

リビングからのアングル https://www.houzz.jp/photos/20647065

高低差をつけるには、ある程度の天井高が必要 https://www.houzz.jp/photos/6744903

これならまでねきそう!なシンプルコーディネート https://www.houzz.jp/photos/34150499

いかがでしたか?デザイナーとしても、ディレクターとしても、プロデューサーとしても優秀だったジョージ・ネルソン氏、とても興味深い人物でした。今日の内容は、『名作家具のひみつ』の著者ジョー・スズキ氏のセミナーを元に独自にまとめた内容です。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけましたら、ワンクリックで応援お願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ