実例

音楽サロンコーディネート提案

  • LINEで送る

こんにちは、インテリアコーディネーターの住吉です。5月はプレゼンからスタートしました!南青山にあるインテリアのショールームを音楽サロンに改修するお仕事のプロジェクトチームの一員として、壁紙やカーテンなどを選定しました。

お客様は改修前の内装をとても気に入っていて、その雰囲気を残したまま音楽サロンの機能をもたせたいというご要望でした。また、ホールとキッチン・ダイニングスペースが一体になったグレートルーム式の空間はプライベートな雰囲気を存分に味わえます。更にこのサロンには世界で最も有名な高級ピアノ『スタインウェイ』が入る予定なのです!キーワードとしては『ラグジュアリー』『モダン』『プライベート』『リラックス』とし、自宅でコンサートを開くような感覚を味わえるサロン空間をご提案しました。

久しぶりにお客様に見ていただくパースを描きました。が、スタインウェイでほぼ力を使い果たしました。

今の内装はチェリーの床にグレイトーンの壁面収納、壁はブルーグレーやグレイッシュなパープルの塗り壁とモダンな中に女性的な柔らかさを感じる空間なので、張り替える壁紙もグレーのマルチストライプですっきりとさせました。ん?パースのどの部分かわからないって?そうなんです、このストライプは別案として用意していたもの。

プレゼン時はベストだと思う案を一つ持っていくようにしていますが、脇には別案も用意してあります。お打合せはお客様にとっても大切な時間。できるだけスムーズに進められるようにとたどり着いた方法です。今回も別案に救われ、お客様にも喜んでいただけました。

カーテンも明るい色の別案が採用となったのですが、プレゼン当日の朝ふと思い立って借りてきたタッセルが、別案にもぴったり合っていて一発OKをいただきました。奥様に「どうして私の好みをこんなにわかってくれているの?」と言ってもらえて、嬉しかったな〜〜〜。

シルバー、パープル、ブルーグリーン、グレーなど複雑な色合いがいろいろなカーテンにマッチする優れもの <フジエテキスタイル>

デザイン性の高いものは、そうでないものよりも割高であることが多いです。機能だけで比べてしまうと、その価格の差をご理解いただけない場合もありますが、今回は音楽サロンを経営されるお客様だけあってデザインに対する造詣も深く、輸入壁紙やデザイナーズの照明器具など、ご提案したものの良さをすぐにご理解いただき、ほぼご提案通りに決めていただきました。

思えば私は学生時代から「デザインは力」だと思って生きてきた気がします。言葉に力があるように、デザインにも大きな力があると私は信じています。人を幸せにする力、人生を豊かにする力、コミュニケーションを円滑にする力、ビジネスを成功させる力etc.  良いデザインには知性があり、デザインの力を味方につけることで、今ある課題がするっと解決したり、想像以上の結果を出すことができる。お金で解決でいないことをデザインが解決してくれる、なんて言うと笑われますかね?私はまだまだそのレベルに達していませんが、いつかは到達したい境地です。

急に風呂敷を広げましたが…そんな思いから粘って探して提案したものの多くが採用されて、大満足のプレゼンテーションになりました。6月に工事がスタートするので、まだやらなければいけないことが残っていて気が抜けませんが、オープンがとても楽しみです。こちらのサロンはロゴデザインも担当していますので、オープンしたらブログでお知らせします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけましたら、ワンクリックで応援お願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ