実例

実例:内装リフォームで叶えるサスティナブルな暮らし

  • LINEで送る

実例:内装リフォームで叶えるサスティナブルな暮らし ランキングを励みにしています。ワンクリックで応援お願いします。

こんにちは、インテリアコーディネーターの住吉です。先日に引き続き、2020年に完成したプロジェクトをご紹介します。築浅の中古マンションをご購入されたS様から、内装リフォームを含めたインテリアのトータルコーディネートをご依頼いただきました。

すでに素敵なダイニングセットとテレビボードをお持ちで、かつ、リビングでは床座でゴロゴロしたい、またお部屋は飾るよりもすっきり片付けやすい方が良い、というご希望をいただきました。そこで、実用的な隠す収納、余計なもののない広々とした空間、経年変化が味になる天然素材をキーワードに『サスティナブルな暮らし』をご提案しました。サスティナブルとは継続可能という意味で、環境問題などでよく使われるキーワードです。インテリアも、自分のライフスタイルにあったプランにすることで、いつも心地よい空間が無理なく手に入ります。

実例:内装リフォームで叶えるサスティナブルな暮らし

収納計画はダイニングの横に扉付きの収納家具を設置。カウンターの上にものを置いてしまわないよう、あえて中央にはオープンなスペースを作りました。リビング側はテレビボードを活用いただくとともに、引き出しのあるセンターテーブルをセレクト。リモコンやちょっとした文房具を入れておけるので便利です。

窓が大きく、ベランダとの繋がりでよりお部屋が広く見える空間だったので、カーテンは軽さにこだわりました。ボーダーのレースカーテンは横の広がりを強調してくれます。レースカーテンの奥にロールスクリーンを設置することで、カーテンでお部屋が狭くならないようにしています。ロールスクリーンなら全開にした時にとてもすっきり見えるので、窓の広さを存分に楽しめます。

ソファを置かず、床で心地よくゴロゴロしてもらうために、ラグはウール100%にこだわりました。平織ではなくしっかりと毛足があってふかふかのラグなので、そのまま座ってもお尻が痛くなりません。ウールのラグは冬暖かいのはもちろんのこと、調湿効果があるので夏はさらっと爽やか。オールシーズン使えて床暖房にも対応しているので、床座スタイルには欠かせないアイテムです。

ラグの上置いたのは実はビーズクッション。永遠の定番になり得るホームファブリックを作っているファイバーアートステューディオさんの商品です。固めの座り心地、リネンのカバーの肌触り、発色の良さなど、さすがのクオリティです。全てを一級品で揃える必要はないですが、一番近くにあるもの、日々触れるものを上質なものにすることで、暮らしの満足度はグッと上がりますよね。

実例:内装リフォームで叶えるサスティナブルな暮らし

こちらはBefore写真です。内見に伺うと、全くイメージに合わないエコカラットがリビングの壁にしかも一部分だけ貼られている!うーん、これはどうしたものか…。活かす方法を考えたのですが、やはりお客様のイメージされている空間には色もデザインも合わないので、思い切ってエコカラットを隠す方法をご提案しました。

はい、今みなさん「隠すんじゃなく、単純に外せば良いのでは?」と、思いましたね!私も最初はそう思いました。ですがエコカラットはクロスのようにペロンとは外れないので、壊しながら外すことになり、貼ってあった壁も接着剤でボコボコで、そのままクロスを貼ることはできません。工期、仕上がり、長期的な持ち、費用、どれをとっても隠してしまう方がメリットがあるのです。ただし、壁が現状よりも2cmほど前に出てくることになります。

実例:内装リフォームで叶えるサスティナブルな暮らし

さらに私は、どうせエコカラットを隠すなら、反対側の壁もふかしてブラケットを付けたい!と考え、ダイニング側にはカウンタータイプの収納家具とブラケットを設置しました。ブラケットをご提案した理由は大きく2つです。①暗くなりがちな壁を明るくできるので、ペンダントライトの選択肢が広がる。②ほどよく壁のアクセントとなる。注文住宅時代はブラケットを計画するのは簡単だったのですが、マンションだとかなりハードルが高いですね。ブラケットはメリットがたくさんあるので、もっと気軽にご提案できると嬉しいなーと思います。

また、チェック柄の壁紙は私のイチオシだったものの、お客様に気に入ってもらえるかどうかが分からず恐るおそる出しました。そうしたら、すごく気に入っていただけて!嬉しかったな〜。ダイニングテーブルの上のペンダントライト は、本革のタブがついている可愛いデザインです。

実例:内装リフォームで叶えるサスティナブルな暮らし

クロスはアクセント部分だけでなく、全てのお部屋を貼り替えました。もともとは少しグレーがかったシックなクロスだったので、爽やかな白に変えただけで、お部屋がパッと明るくなりました!そして、クロスを替える時に私が必ずご提案するのは、照明計画の見直しです。S様邸はすっきり広々がキーワードなので、デザインを見せたい器具以外は全てダウンライトにしています。リビングは調光調色可能なものを中央にすっきり3灯並べました。シーリングライトに比べて、天井の高さを目一杯感じられるのもダウンライトのメリットです。

お客様からレビューをいただいております。

実例:内装リフォームで叶えるサスティナブルな暮らし

S様、ご依頼いただき本当にありがとうございました。Houzzにもプロジェクトを作成しています。

S様にはリフォーム工事を含めてご依頼いただいたので、ライフスタイルありきのトータルコーディネートから逆算したリフォーム工事ができました。ですが、通常は「リフォームはリフォーム会社、家具はインテリアコーディネーター」と思っている方が多いのではないかと思います。それってもったいない!完成の絵を描けるインテリアコーディネーターにまずはご依頼いただくことで、無駄なくベストなリフォームが可能になりますよ〜。

実例:内装リフォームで叶えるサスティナブルな暮らし 最後までお読みいただきありがとうございます。ワンクリックで応援お願いします。

  • LINEで送る

オンライン限定!カウンセリング無料キャンペーン中

好きなインテリアがあっても無くても大丈夫!Class S では、そのまま暮らせるトータルコーディネートであなたの希望を叶えます。

  • インテリアコーディネーターって何をしてくれるの?

  • 費用や期間はどのくらいかかるの?

  • どんな流れで進むの?


Class Sはトータルコーディネートを専門にしております。コンサルティング的にアドバイスのみを行うのではなく、商品単品をオススメするのでもありません。お客様のお話を伺い、家具・カーテン・照明・ラグ・アート・グリーンなどをトータルにプランし、発注から納品設置までワンストップで対応します。

メールでの簡単なアンケートにお答えいただき、ZOOMでのオンラインカウンセリング(2時間)を無料で実施しています。

進め方と料金