カーテンのアイデア

寝室のレースカーテンを新調しました

  • LINEで送る

こんにちは、インテリアコーディネーターの住吉です。先日、寝室のレースカーテンを久しぶりに新調しました。フィスバの『SPECTRUM』です。わーい!これだけで随分寝室の印象が変わりました。

カーテンを変えたのは引越してから初めてだから、約6年以前のものを使っていました。6年前はとにかくシンプルなカーテンがマイブームで、レースは白のリネンライクなものにしていました。ドレープ(厚手のカーテン)はライトシルバーで、朝は光が入ってくるものなので、ドレープの方を開けなくてもある程度は明るいし、寝室にいるのは朝の着替えの一瞬と夜寝る前だけなので、ほぼカーテン閉めっぱなし状態…

最近は新しいレースカーテンが見たい、という理由で毎日ちゃんとカーテンを開けるようになりました!実はこのカーテン、先日のフィスバのファミリーセールで縫製済みのものを購入したのでちょっとだけ丈が足りない&持って帰るのにシワになっちゃってますが…そのうち伸びると思います。

味気のないレールですね〜。賃貸なので…お許しください。ヒダは一つ山?見たことない縫製でした

気になるのが業界トップレベルと言われるフィスバ縫製。裾は私の好きな三つ折りでウエイト入り、ヒダは通常の山を取るものではなく、一つ山のアレンジって感じでしょうか。かわいい雰囲気で寝室にも合いました。倍率は1.6倍でした。セール品だけど保証書もちゃんとついていましたよ。

カーテンって知れば知るほど奥が深いな〜と、勉強の日々です。例えば、同じレース生地の裾を三つ折りにするかウエイトテープにするか一つとっても、コーディネーターそれぞれの考えがあり、正解はありません。もちろん生地によってもベストな縫製が違うので、メーカーさんにアドバイスしてもらいながら、どうやったらイメージ通りの仕上がりになるかを考えるわけで、なかなかに難しいのです!(でもそこが面白い)

三つ折りと言いながら、重なりは2重なので重く無い。その分ウエイトが両サイドに入っている

インテリアコーディネーターはドレープとレースの組み合わせを考えているだけではなく、機能面の制約を考慮しつつ、お客様のライフスタイルに合わせた使い勝手を考え、どうすれば美しく仕上がるかまでをプロとしてご提案しています。そろそろカーテンを買い換えたいな、せっかくだったら色々な生地を見てみたいな、という方はぜひお問い合わせページからご連絡ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけましたら、ワンクリックで応援お願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ